VWBL-SAMPLE-APPでNFTをMintしようとすると、エラーが発生する

サンプルアプリを動かし、NFTをMintしようとすると、エラーが発生しました。
原因分かりますでしょうか?

<実施環境>
ブラウザ:Chrome
ネットワーク:Mumbai
ストレージ:NFT.Storage

<.envファイルの設定>
NEXT_PUBLIC_PROVIDER_URL=alchemyで取得したMumbaiのURLを指定
NEXT_PUBLIC_NFT_CONTRACT_ADDRESS=Githubの「VWBL-protocol」にあるVWBL.solのアドレスを指定
(VWBL.solをデプロイする際、コンストラクタ引数には、MumbaiのVWBLGatewayProxyとAccessControlCheckerByNFTを指定)
NEXT_PUBLIC_VWBL_NETWORK_URL=https://dev.vwbl.network
NEXT_PUBLIC_CHAIN_ID=80001
NEXT_PUBLIC_NFT_STORAGE_KEY=NFT.StorageのAPI_KEYを指定

<エラー発生までの操作>
Readmeにあるように、yarn install、yarn dev を実行しました。
デモアプリの画面は、正常に表示されました。
NFTのMint画面では、画像のアップロードをすることができました。
「Create Item Fro Free」ボタンを押すと、MetaMaskが立ち上がり、署名を求められました。
署名を実行すると、エラーが発生しました。

<ブラウザのコンソールに表示されるログ・エラーメッセージ>

signed
biconomy.ts?34c4:22 encrypt data
biconomy.ts?34c4:25 upload data
biconomy.ts?34c4:30 string
biconomy.ts?34c4:36 upload metadata
biconomy.ts?34c4:46 mint via meta transaction
new-nft.container.tsx?9412:119 Error: missing biconomy setting

<NFT.Storageへのアップロード状況>
NFT.Storageを確認すると、画像のアップロードはできていました。
なので、NFT.Storage関連のエラーではなさそうでした。

アドバイスいただけると幸いです。

「いいね!」 1

ご指摘ありがとうございます! :pray:

demo appに関しまして、昨日メタトランザクション(gas less tx)に対応完了したのですが、環境構築に関するドキュメントの更新がされていないようです。

env環境にBiconomy(https://www.biconomy.io/)で取得した以下のような変数を追加していただけると正しく動くのですが、取得に手間がかかってしまうため、一旦はDemo Appの本番環境(https://demo-app.vwbl-protocol.org/ )でNFTをミントされると良いかと思います! :man_bowing:

※メタトランザクションに対応しているため、ガス代は暗号屋負担となっています。

NEXT_PUBLIC_BICONOMY_API_KEY=
NEXT_PUBLIC_MINT_API_ID=
NEXT_PUBLIC_TRANSFER_API_ID=
NEXT_PUBLIC_FORWARDER_ADDRESS=

何かまた不具合や要望などありましたら、お気軽にお問合せください!

「いいね!」 2

ドキュメントなどのアップデートに関しては、年始にSDKの方もメタトランザクションに対応する予定なので、その際に一緒に更新していきたいと思います!

お手数をお掛けして大変申し訳ないのですが、引き続きよろしくお願いします! :pray:

「いいね!」 2

ご回答ありがとうございます。
www.biconomy.io というサービスを使われているのですね。

Demo Appの本番環境を利用して、アプリを動かしてみようと思います。
ありがとうございました。